日々の旅・心の景色 /オーロラグランブログ

ジュエリーブランド”AURORA GRAN表参道SHOP”から、アトリエのこと、旅のこと、気ままに綴っています。

よってよって、もっとよって、マクロの楽しみ!



オーロラグラン表参道ショップの上階はアトリエです。
ここはそのキッチンの棚、カップやお茶と並んで、
植物がすくすくと育っています。



近寄ってみると柔らかな産毛、カールした葉、これはもっとよく見てみよう。



ということでマクロレンズでパシャリ。
ぐーっとよって見どころ満載。
宇宙広がるディテールに目が喜びます。



そして、こちらにも、、、よって。
ピアスにしたい。



天窓からの光を浴びて長〜く成長中のディスキディア。
スズランのような花が咲いています。



さてこちらは。。。
すごい、こうなってるんだぁ。。。
縦糸と横糸。。。



モロッコの布。



アトリエの入り口に使っています。



そしていよいよ一階のショップスペースへ。
ショーケースのリングへ、更にぐっとよります。

私たちはデザインをするときは形やバランスはもちろん、
そのディテールにこだわっています。
つるんとさせたり、ザラザラさせたり、、、、。
例えばツヤを抑えたマット、その中でもいくつかの表現があります。
今回はその中から
絹糸を巻き着付けたようなディテールのリングを
マクロレンズで覗いてみました。

”月の雫リング ペアシェイプ” K18YG #9,11  ¥51,840
忘れないネーミング、零れ落ちるようなダイアモンド。



着けるとこんな感じに。
ピンキーは”オーブリング”  K10YG  #4,9,11¥25,920
人差し指は”プレーンリングL”  K10YG  #4〜19¥14,040〜
三つのリングのコントラストが映えています。



こちらはダイナミックで優雅なエタニティ。
"アストロノミアリングJUNO" K10YG  #4,11,13  ¥65,880〜



繊細なテクスチャーを施したワイドアームに、ダイアモンドがくるり。



こちらも人気、プレーンなリングにダイアモンドを5石セッテイングしました。
”ネブラリング プチダイア5マット”  K10YG #4,7,9,11,13  ¥28,080
プレーンなアームに深みあるディテール。

同じデザインのツヤタイプはこちらです。
”ネブラリングプチダイア 5"  K10YG #4,7,9,11,13  ¥28,080



”プレーンリングM”  K10YG #4〜17¥9,720〜
と重ねて。
ツヤのあるプレーンリングともよくマッチします。
ディティールの違うリングを重ねることで新しい表情が生まれます。
レイアードアレンジは意外な効果やスタイルを発見する楽しみがあります。
中指は上から”ポリーリングスキップS" ¥11,880〜
”ポリーリングカットS” ¥10,260



最近のお気に入りはこれ。
ぐっとよってます。
青山のとあるお店で見つけたロシアのアンティーク。
このひび割れ具合、白い塗料の剥がれ、使い込まれた風合いに惹かれます。



はて、これが何なのか聞いてくるのを忘れてしまいました。。。
川口育代
JUGEMテーマ:ジュエリー

ブライダルフェアのお知らせ / 割引特典やプレゼントもご用意しました。

JUGEMテーマ:ジュエリー


こんにちは。
AURORA GRAN表参道SHOPでは
ブライダルフェアを開催中!
WEB SHOPでも間も無くスタートです。

割引特典やプレゼントなど詳しくはこちらでご案内しております。

オーロラグランがブライダルリングに込めた思いは
「ともに旅する仲間のしるし」

世界を旅するカップル”旅する鈴木”が撮影した絶景写真のイメージを、
ひとつひとつのリングに重ねました。

今回は、最新作からいくつかのリングをご紹介。
それぞれの絶景と、リングに思い描いたイメージを合わせてお楽しみください。
Gran View Photos by 旅する鈴木


ソンリサ
ひまわりのようなあなたの笑顔は、私の旅のみちしるべ。
幸せな笑顔の連鎖を、優しい丸の連なりに託しました。
ふたりの笑顔は、もしかしたら世界までも明るくする。
*ソンリサとはスペイン語で微笑み。


一面に広がる向日葵、みんな揃って太陽を見上げているようです。
映像作家のダンナ、陵生さんが撮影中。
スペインにて。


アルデバラン
月の傍らで輝く一等星アルデバラン。
二つのリングを重ねると現れる満月の横に、その姿をダイアモンドで表現しました。
あなたの側で一番輝いていたい、そんなメッセージを込めたリングです。


かのイースター島モアイ像を前に、寝袋で一夜を明かしたそうです。
じーっと我慢のタイムラプス撮影。
野生の馬もパッカパッカ、、、
こんな経験なかなかできませんね。


シエル
天空を駆ける透明な風。
清く澄みやかな気持ちを胸に、まっさらな道を歩みだす。
清々しい山脈の景色とそこに吹く風を煌めくダイアモンドラインで表現しました。
*シエルとは、フランス語で”天空”。


ロマンチックなドイツのブレッド湖。
寒い冬もいいなぁと思わされる写真です。


ヨメの聡子さんはヨガインストラクター。
絶景ヨガをどーぞ!! !
これはほんの一部、旅をしながらふたりで見つけた心地よい場所で聡子さんはヨガを、
陵生さんはそれを映像におさめています。


ウユニ塩湖で。聡子さんが絶景と一体。
ただただ美しい。


エチオピアの活火山エルタアレ、パワフル!


ここはどこ、、、言葉が出ない、、、


世界の絶景から、ここは表参道路地裏。
急に現実的になりますね。
”旅する鈴木”の聡子さん、陵生さんが一時帰国中。
久しぶりに寄ってくださいました。
元気そうだ、何より何より。


新作カタログにも、もちろん”旅する鈴木”の絶景!


裏面が商品、写真集のようなカタログです。
ご希望のお客様に差し上げております。
表参道SHOP店頭、またはこちらからお申し込みください。
bridal@auroragran.com


ショウケースのリングに釘付けの聡子さん。



店内には”旅する鈴木”の旅写真や絶景ヨガの写真も展示しております。
ご結婚のご予定がある方もない方も、ぜひお気軽にお立ち寄りください。
旅やヨガにご興味のある方にもおすすめです。

”旅するリングwith旅する鈴木”オーロラグランのブライダルリングがおともする旅のブログです。
”旅する鈴木”のオフィシャルサイト、絶景タイムラプスは必見です。

それではまた次回をお楽しみに。川口育代。

春の楽しみ / 春の新作からのご案内


こんにちは。
待ちかねた春。
楽しみがたくさんありますね。


青空に浮かぶ雲を見ながら過ごすのは至福のひと時。


こぶし、ゆりの木、さくら、、、、
新芽が芽吹き花も咲いています。
葉が茂る前は、
宙に向かって、生き生きと脈のように広がる枝振りを
楽しめます。


月夜の桜もまたひときわ妖艶。


そして食。
初々しい芳香を楽しむ季節。
ふきのとう、たらの芽、せり。。。。。


オーロラグラン表参道ショップ近くの
神宮前小学校のさくらも咲き始めました。


そして、ショップにも
新しい植物が仲間入り。


笑顔のよう。


こんな日は、裸足になって、
フラワープリントのビンテージシャツが気分にぴったり。


店内にもたくさんのグリーン。
天窓からの光を浴びてすくすく育っています。

お楽しみのジュエリーもずらり。

「春の新作/TINY SPRING 」から
" ユーフォリアリング " ¥29,160
" タイニークロスリング" ¥22,680
重ねても楽しい
" アイシクルリング " ¥23,760
" エリプスリング " ¥42,840


こちらも新作
横顔に揺れる小宇宙、” クレセントプープピアス "¥28,080
三日月がキラリ、さりげなく個性的なピアスです。
他にも、ネックレス、ブレスレットなども新しくラインナップしています。


表参道の路地裏、小さな一軒家が
オーロラグラン表参道ショップです。

春休みのお散歩に、
是非お立ち寄りください。川口。


!!!NEWS!!!
AURORA GRAN BRIDAL  4月9日に新作が登場します。
特典やプレゼントをご用意して "ブライダルフェア "も準備中、お楽しみに!


 

キューバの旅  その1/ タイル採集

JUGEMテーマ:中南米

こんにちは。
今回はキューバ旅行で見つけたタイル。


ここはハバナの駅の近く。
スコールや強い日差しを避けるためか
アーケードをよく見かけました。
カラフルに塗られた柱に惹かれて近づいてみると、
こんなタイルが敷き詰められていました。


これは旧市街のギャラリー。
ホテルにもなっています。


街角のどこからかサルサが風にのって部屋の中まで。
いつも音楽が流れている街。


バルコニーから部屋の奥まで、まっすぐに差し込む光。
つい長居をしたくなる空間でした。


木目パターンがポップ。


これも旧市街。
普通のお宅の玄関先。
扉の淡い黄色とタイルのブルー、壁のピンク、色がきれいです。
床と壁のタイルはきっと違い時代のものでしょう。


どこか忘れました。
柄合わせは意図的なのでしょうか?
無造作に修理されているのがいいです。


レストランの床。
ここでも音楽三昧。
ベニーモレの哀愁ある旋律にうっとり。
なぜかMy weyも定番でした。


年代を経たタイル、いい味。


シエンフエゴスというハバナから車で4時間ほどの街へ。
その海辺に建つパラシオ デ パジェ。
1917年に建てられた宮殿で、
ムーア様式やイスラム様式などが折衷されたネオゴシック建築。
大好きなテイストの宝庫。
現在はレストラン、室内も素敵でした。


インドのようでもあり、


アルハンブラ宮殿のようでもあり。


床のタイルも豪華。


テイストミックス!




潮風心地よい玄関ポーチ。
ここはエンブレムをモザイクで。


さて、さらに車で一時間ほどのトリニダー。
石畳の石はその昔、スペインから船の重りにしたものらしいです。
カラフルな軒並み。


こんなカコイイおじさまがいる素朴で小さな町。


強いコントラスト。


立ち並ぶ一軒一軒がそれぞれのタイル。


床屋さんも。


おまけは夕暮れ。
太陽はカリブ海に沈んでいきました。
ベサメムーチョが聞こえてきます。
続く。。。
次回をお楽しみに。川口。
 

フリーダとディエゴの青い家

こんにちは。
今回は昨年の旅のお話の続き、メキシコシティのフリーダ カーロミュージアムです。
彼女の生家で、夫で高名な壁画家のリベラ ディエゴと過ごした場所。
強烈な感性の二人はどんなところでどんな生活をしていたのだろう。
そんなことを考えながら、地下鉄に乗り、行き交う人々や街の景色を眺めていました。
喧騒から離れた緑豊かな住宅地の中にありました。


初めての国、初めての駅、初めての街って迷っても、遠回りしても面白い。
地図を片手に寄り道しながら辿り着きました。
閑静な街並みにひときわ鮮やかな青い建物。


チケットを買って入ります。
フリーダお気に入りのオブジェが迎えてくれます、ワクワク。


植物園のような庭と鮮やかな色にコーフン。


フリーダとディエゴがここに生きていました、と。


作品展示の後、実際に使っていた部屋も見学。
フリーダのコレクションがあちこちに。
この椅子に腰掛けて、このベッドで眠っていたのか。。。
カーテンも可愛いです。


棚の中には小さな宝物がきれいに並べられていました。


アトリエには筆や絵の具。
鏡はあの自画像を描く時に使ったのでしょうか。
見るところがたくさん、もっと見たい、、、でも庭も行きたい。。。


そして庭も散策。


ジャングルのような植物。


そして庭に一角のテラスに、
フリーダへのオマージュ、祭壇が作られていました。
またまたコーフン、メキシコのPOP。


細かいところまで丹念に作り込まれていました。
ここも見るところがたくさん。
タイルに見えるのは紙。


マリーゴールドも造花、ポップなスカルと似合います。
インドでもよくうこの花を水盤に浮かべているのを思い出しました。


ミュージアムショップでキャンドル買ってきました。
フリーダは国民的アーティスト、グッズも豊富でした。
アニメ風のキャラになってTシャツやシールにもなっていました。
(カップやキリストのカレンダーは、キューバで購入、このお話はまた。)


気がつくと日が暮れはじめ、庭も薄暗くなっていきました。
ブルーの建物はフリーダとディエゴが愛した庭に吸い込まれていくようでした。
その窓からオレンジ色の灯りが漏れていました。
次回はキューバへ。
まだまだ旅は続きます。川口。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • オーロラグランにブライダルコレクションが登場! / ともに旅する仲間のしるし
    オーロラグランブライダル
  • オーロラグランにブライダルコレクションが登場! / ともに旅する仲間のしるし
    くぼまいこ
  • リングレイアードアレンジ / おまけは冬の温室
    AURORA GRAN
  • リングレイアードアレンジ / おまけは冬の温室
    かな
  • リングレイアードアレンジ / おまけは冬の温室
    AURORA GRAN
  • リングレイアードアレンジ / おまけは冬の温室
    かな
  • ロゴ誕生秘話 / 星と月とダイアモンド
    AURORA GRAN
  • ロゴ誕生秘話 / 星と月とダイアモンド
    あきこ
  • モロッコの砂漠ではヤギが木に登る / SULAのアルガンオイル
    auroragran
  • モロッコの砂漠ではヤギが木に登る / SULAのアルガンオイル
    履歴書の見本

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM