日々の旅・心の景色 /オーロラグランブログ

ジュエリーブランド”AURORA GRAN表参道SHOP”から、アトリエのこと、旅のこと、気ままに綴っています。

キューバの旅  その1/ タイル採集

JUGEMテーマ:中南米

こんにちは。
今回はキューバ旅行で見つけたタイル。


ここはハバナの駅の近く。
スコールや強い日差しを避けるためか
アーケードをよく見かけました。
カラフルに塗られた柱に惹かれて近づいてみると、
こんなタイルが敷き詰められていました。


これは旧市街のギャラリー。
ホテルにもなっています。


街角のどこからかサルサが風にのって部屋の中まで。
いつも音楽が流れている街。


バルコニーから部屋の奥まで、まっすぐに差し込む光。
つい長居をしたくなる空間でした。


木目パターンがポップ。


これも旧市街。
普通のお宅の玄関先。
扉の淡い黄色とタイルのブルー、壁のピンク、色がきれいです。
床と壁のタイルはきっと違い時代のものでしょう。


どこか忘れました。
柄合わせは意図的なのでしょうか?
無造作に修理されているのがいいです。


レストランの床。
ここでも音楽三昧。
ベニーモレの哀愁ある旋律にうっとり。
なぜかMy weyも定番でした。


年代を経たタイル、いい味。


シエンフエゴスというハバナから車で4時間ほどの街へ。
その海辺に建つパラシオ デ パジェ。
1917年に建てられた宮殿で、
ムーア様式やイスラム様式などが折衷されたネオゴシック建築。
大好きなテイストの宝庫。
現在はレストラン、室内も素敵でした。


インドのようでもあり、


アルハンブラ宮殿のようでもあり。


床のタイルも豪華。


テイストミックス!




潮風心地よい玄関ポーチ。
ここはエンブレムをモザイクで。


さて、さらに車で一時間ほどのトリニダー。
石畳の石はその昔、スペインから船の重りにしたものらしいです。
カラフルな軒並み。


こんなカコイイおじさまがいる素朴で小さな町。


強いコントラスト。


立ち並ぶ一軒一軒がそれぞれのタイル。


床屋さんも。


おまけは夕暮れ。
太陽はカリブ海に沈んでいきました。
ベサメムーチョが聞こえてきます。
続く。。。
次回をお楽しみに。川口。
 

フリーダとディエゴの青い家

こんにちは。
今回は昨年の旅のお話の続き、メキシコシティのフリーダ カーロミュージアムです。
彼女の生家で、夫で高名な壁画家のリベラ ディエゴと過ごした場所。
強烈な感性の二人はどんなところでどんな生活をしていたのだろう。
そんなことを考えながら、地下鉄に乗り、行き交う人々や街の景色を眺めていました。
喧騒から離れた緑豊かな住宅地の中にありました。


初めての国、初めての駅、初めての街って迷っても、遠回りしても面白い。
地図を片手に寄り道しながら辿り着きました。
閑静な街並みにひときわ鮮やかな青い建物。


チケットを買って入ります。
フリーダお気に入りのオブジェが迎えてくれます、ワクワク。


植物園のような庭と鮮やかな色にコーフン。


フリーダとディエゴがここに生きていました、と。


作品展示の後、実際に使っていた部屋も見学。
フリーダのコレクションがあちこちに。
この椅子に腰掛けて、このベッドで眠っていたのか。。。
カーテンも可愛いです。


棚の中には小さな宝物がきれいに並べられていました。


アトリエには筆や絵の具。
鏡はあの自画像を描く時に使ったのでしょうか。
見るところがたくさん、もっと見たい、、、でも庭も行きたい。。。


そして庭も散策。


ジャングルのような植物。


そして庭に一角のテラスに、
フリーダへのオマージュ、祭壇が作られていました。
またまたコーフン、メキシコのPOP。


細かいところまで丹念に作り込まれていました。
ここも見るところがたくさん。
タイルに見えるのは紙。


マリーゴールドも造花、ポップなスカルと似合います。
インドでもよくうこの花を水盤に浮かべているのを思い出しました。


ミュージアムショップでキャンドル買ってきました。
フリーダは国民的アーティスト、グッズも豊富でした。
アニメ風のキャラになってTシャツやシールにもなっていました。
(カップやキリストのカレンダーは、キューバで購入、このお話はまた。)


気がつくと日が暮れはじめ、庭も薄暗くなっていきました。
ブルーの建物はフリーダとディエゴが愛した庭に吸い込まれていくようでした。
その窓からオレンジ色の灯りが漏れていました。
次回はキューバへ。
まだまだ旅は続きます。川口。

今年もありがとうございました。/3つの気持ちのリングアレンジご紹介

JUGEMテーマ:ジュエリー

こんにちは。
皆様それぞれに、楽しいクリスマスを過ごされたことでしょう。
オーロラグランへもたくさんのお客様にいらしていただき、ありがとうございました。
もう仕事納めもすんで、今度はお正月の準備でしょうか。
きょうは最新作から3つの気持のリングをご紹介します。
オーロラグランのずっと変わらないデザインエッセンスを感じていただけけることでしょう。
左から、
キュリオスリング/好奇心”、"カプリスリング / 気まぐれ"、"クラルスリング / 清浄"
全てK10YG¥21,600、サイズは9号と11号をご用意。
もしサイズが合わない場合は、修正は+ -3号まで可能です。
シンプルで華奢なデザインのなかに、きらりとさりげない個性が光ります。

3つの気持ちの解釈はいろいろ、例えば。
好奇心が栄養、気まぐれも許して、毒も吐くけど心は清らか、、、、、
などと都合よく。


カプリスリング”は緩やかなカーブが特徴。
上下はどちらの向きに着けても、そのしなやかなラインが指にフィット。
センターにダイアモンドが煌めきます。


クラルスリング”と重ねて。
”カプリスリング”のカーブに”クラルスリング”の小さなダイアモンドトップがきれいにマッチ。
ピンキーは
ネブラリング エタニティ”ホワイトゴールドにブラウンダイアモンドが一周しています。

同じリングを向きを変えてみました。
つやを抑えたマットな仕上がりと、
つるんとしたつやのある仕上がり、
互いのディテールが響き合います。
ピンキーは "サイドビーツリング” K10YG ¥14,040。


指から外して置いた姿も美しく、クラフト感あるディテールが人気です。


”カプリスリング”に、
"ポリーリングカットS"K18YG¥12,960〜 と
デュービーツリング”K10YG¥20,520を重ねて。
ディテールがミッックスされて、表情に深みが生まれました。


カプリスリング”と、小さな2つのダイアモンドが印象的な”キュリオスリング”。


”カプリスリング”と”トゥリクルリング"。


トゥリクルリング"K10YG¥29,160
はシャープなマーキスカットダイアモンドがエレガント。


"クラルスリング”と”リプルリング ウェーブ"。
甘さをおさえて、カジュアルで遊び感があるアレンジ。


すっきりと、ちょっとエキセントリックにすべての指にズラリ。
親指サムリングには”プレーンリングL"を。

重ねても、ひとつでも、自分らしく。
好奇心の赴くまま、気まぐれに、アレンジしてみてください。
新しい発見もみつけて、きっと気持も新鮮に。

今年も数えるばかりとなりました。
表参道SHOPは本日27日まで、新年は1/4から営業いたします。
WEB SHOPはいつでもご利用いただけます。
年末年始はお問合わせのお返事やご配送に、通常よりお時間をいただくことがございますのでご了承ください。

本年も皆様とのたくさんの出逢いをありがとうございました。
オーロラグランの旅はまだまだ続きます。

来年2016年が素敵な年になりますように!

川口育代 ノグチミナコ スタッフ一同


 

ついでのメヒコにはまった。その2。/ 宮殿美術館のマスク展

JUGEMテーマ:ジュエリー

メキシコシティ旅行のつづきです。
こちらはメトロポリタン大聖堂、メキシコのカトリックの総本山です。
大きな扉、
入ってみます。


私はキリスト教ではありませんが、祈る気持は一緒。
世界平和をお祈り。


荘厳なパイプオルガン。
飾り多し。



教会内の売店でお土産購入。


広場に出るとこんなものが。
巨大。逆。


その横の道、いい佇まいです。
右角の宮殿美術館に入りました。


クラシックな建築にこの色、これががメヒコか。


コントラストが美しい。



宮殿美術館に入りました。
入口でパスポートも預けます。
まずはサボテンの庭。


大きい。


ディエゴ リベラの壁画。
メキシコは壁画が多いのも特徴。
政治的なメッセージ性が強くメキシコの歴史がぎゅーっと描き込まれています。


フリーダカーロもいます。
フリーダカーロ美術館についてはまた今度。


これは偶然やっていた”マスク展”。
見応えありました!


右の人、まじめ。
左とセンターはコワイ。


豚と悪魔、その他。


カモノハシ風シカ。パンツが普通の。


言葉はいらない。


プリミティブな作品をモダンに展示。
そして、これベスト。
かっこいい。
あのこってりの大聖堂の後に、この抜けた感じを楽しめたのも良かった。
メヒコ、面白いぞ。

 

ついでのメヒコにはまった。その1

JUGEMテーマ:ジュエリー

旅にでてきました。
クリスマスシーズンで忙しいのに、「あとはまかせたぜっ!」とすたこら出かけたのでした。
今回はキューバに行ってみようということで、アメリカからは入国できないのでメキシコ経由で。
ついでにメキシコシティに泊まってみました。
メキシコといえばドンタコスとか、アメリカ国境辺りはヤバイ、コワイ、とか。。。
貧困な知識とイメージのまま行ったのですが、それがどっこい、とてもコーフンしました。
一枚目は空港、むむっ、このデザインに何かいい予感!


おや、タクシーか。
ちょっといい。
どこの国も空港からホテルまでの景色はワクワクします。


おっ、街の写真屋か。


おっ、水を売ってる店か。
佇まいが外国だ。


ESTETICAとあります。エステサロンか美容院かも。
どっちにしろ行きたくない。。。


へぇー、何かいい感じ。色がきれいだぁ!
と車窓からの町並みに惹かれていきました。


期待が膨らむ!看板を固定しているボトルに注目。


いいよっ、クラシックな中にモダンがいい感じ。


無事に宿へ、コンデサ地区のチャプルテペック公園の近くの小さなホテルです。
この公園は屋台のるつぼ、おもちゃやお菓子、かつらやタトゥーまでありました。
そんな散歩のついでに軽い気持で入れ墨なんてどうなのでしょう、と。。。
びっくりして写真なし。


チェックインしてすぐに街へ。
早速こんな風景。


キャンディ売り。わかり易い。


よくわからない。写真展らしいが入りそびれた。
初日で腰が引けて。。。
一階は家具の修理屋のよう。二階はおしゃれ。


街角のマリア。


アールデコ!


いいぞ、いいぞ、メヒコ見直し。


クラシックでカラフル。


軒並み。


古いコロニアル建築をきれいにお手入れして使っている。


壮麗なアールデコもある。
予感的中、ちょっと歩いただけでこの街並みと建築にやられました。
ルイス バラガン邸に見学に行くのが益々楽しみに。。。


そしてこれにもノックアウト。
宮殿の美術館で偶然やっていたマスク展、見応えありました。
また次回に紹介します。


よりで。
それでは、また。川口。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • オーロラグランにブライダルコレクションが登場! / ともに旅する仲間のしるし
    オーロラグランブライダル
  • オーロラグランにブライダルコレクションが登場! / ともに旅する仲間のしるし
    くぼまいこ
  • リングレイアードアレンジ / おまけは冬の温室
    AURORA GRAN
  • リングレイアードアレンジ / おまけは冬の温室
    かな
  • リングレイアードアレンジ / おまけは冬の温室
    AURORA GRAN
  • リングレイアードアレンジ / おまけは冬の温室
    かな
  • ロゴ誕生秘話 / 星と月とダイアモンド
    AURORA GRAN
  • ロゴ誕生秘話 / 星と月とダイアモンド
    あきこ
  • モロッコの砂漠ではヤギが木に登る / SULAのアルガンオイル
    auroragran
  • モロッコの砂漠ではヤギが木に登る / SULAのアルガンオイル
    履歴書の見本

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM